ゴブリン軍に攻められ滅亡の危機にあったアナホリーナ王国。若き国主、アンナ姫はゴブリンの和平交渉案である政略結婚を受ける。しかしゴブリンの前線基地でアンナを待ち受けていたのは王妃としての扱いではなく、拘束具に捉えられた奴隷のような扱いであった。そこで、ゴブリンの花嫁の真実を知る。ゴブリンは男しかいない。人間の女を孕ませて繁殖しているのであった。つまり、ゴブリンの花嫁とは繁殖のためゴブリン達に犯される性処理女なのだ。今晩はゴブリンの儀式の前夜祭。それは人間臭を消すためゴブリン達の精液を大量に飲ませる行為であった。凶暴なゴブリン達の男根によるフェラチオ・イラマチオが、処女姫アンナの口を犯し尽くす!!