肉嫁〜高柳家の人々〜其の壱性獄の屋敷 全ては夫の実家である旧家に、若き美貌の妻・みつ子が移り住んだことから始まった。そこで待ち構えていたのは、舅・富蔵のそそり立った肉棒。病の世話と称し、嫁・みつ子の体をぬるりと触っては、ベタリと舐め、陰部に熱く逞しい一物を突き刺す。そして、その果てないその行為を息をのみ、股間を膨らませ