雪夜一夜物語第3夜愛辱の花嫁 舞台は「とある東北地方の武家屋敷」。 美しい側室「静」は今夜も愛する若殿に寝物語を語り出す。 「今宵の艶(つや)物語は…」有力藩の藩主に見初められた姫君が遠路はるばる到着しました。