夏の終りの蟲の唄〜初恋の人の娘と廃校の体育用具室で〜恋で終わった、三十年前の淡い「初恋」の記憶。 その「想い」は三十年後、歪んだ「欲望」となり、その「初恋の人の娘」へと向けられた。 初恋の人にそっくりな彼女を前に、男の欲望は、さらに激しさを増す