穴の奥のいい秘部(ところ) 2 新しく赴任してきた先生・島田研二は、歓迎会で義母さんに近づいてきた。 トイレでオナニーをした響子がドアを開けると、そこには島田が立ち塞がっていた。 いきなり中に入ってくると、口を手で塞がれ無理矢理イチモツを押し込んで来た。 気持ちでは拒絶しているが、発情した身体は抑えることが出来ない。