艶美 夏祭りの季節に帰郷した健太郎。 叔母の静江の浴衣姿に頬を赤らめながら、立ち去る静江の豊満な身体に思いを馳せていた。 そんな時、彼女が山間のひなびた社の境内で男たちに弄ばれている衝撃なシーンを目撃してしまう…。 3人の男たちを咥え、頬ずりをしながら恍惚の表情をするのは、健太郎の知っている叔母の静江ではなかった…。