妻の母さゆり後編 主人公日下部秋彦は妻に浮気をされて、あげく蒸発されてしまう。 それを切欠に、妻の母・さゆりと叔母・藤乃、更には妻の情夫の妻・静江という三人のややこしい人々との同居生活が始まった。 いつも妖艶な藤乃に促され、夫に相手にされなくなって久しいさゆりの“女”は再び目覚め始め、淫らな性の虜となっていった。