キニナルキモチ Vol.1 妄想エレベーター ビルの一室のドアを開け、沢田梨花子は挨拶をした。 「御社の面接でやって参りました沢田梨花子です。」 「ああ…沢田さんね。待ってましたよ。」 彼女に返事をした支配人がゆっくりと近づく。 「じゃあ早速だけどこの制服に着替えてもらえるかな。」 「これは?」